まとめ2ちゃんねる
まとめ2ちゃんねる的オススメ記事
    まとめ2ちゃんねる的オススメ記事

    カテゴリ:科学ニュース

     



    1:チリ人φ ★ 2014/03/05(水) 19:14:22.50 ID:???
    神戸市にある理化学研究所は、新たな万能細胞「STAP細胞」が論文に書かれた情報だけでは作り出せないという研究者からの指摘を受け、作製の詳しい手順やポイントなどをまとめた文書を、インターネット上で公表しました。
    STAP細胞の詳しい作製方法をまとめた文書は、神戸市にある理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらのグループが、研究所のホームページなどで公表しました。
    STAP細胞は、ことし1月末に論文が発表されて以降、国内外で再現実験が始まっていますが、これまでのところ作製に成功したという報告はなく、研究者の間からは、より詳細な手順の公開を求める声が上がっていました。
    公表された文書では、STAP細胞を作る際には、細胞への刺激の与え方などに特別な注意が必要なことを説明したうえで、雌のマウスの細胞を使ったり培養の際に不純物が含まれていたりすると出来にくくなることなどが書かれています。
    STAP細胞を巡っては、ネイチャーに掲載された2本の論文の記述やデータに不自然な点があるとの指摘があり、理化学研究所が調査していますが、結果は出ていません。
    これについて理化学研究所は「さまざまな指摘を真摯(しんし)に受け止め、調査結果が出た時点で、速やかに公表する」としています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140305/k10015742531000.html


    STAP細胞作製に関する実験手技解説(英文pdf)
    http://www.cdb.riken.jp/jp/04_news/articles/pdf/14/protocol_exchange_v1.pdf
    【生物】日本分子生物学会、STAP細胞論文について理研に迅速かつ適切な対応を要求 多くの問題点への指摘を憂慮する声明を発表
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1393853606/
    【生物】STAP細胞論文に新たな疑惑 引用元を示さずドイツ研究者の論文からコピペ?
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1393686954/
    【生物】STAP細胞の疑念、「ささいな誤り」「内容に影響ない」論文共著者バカンティ米ハーバード大教授
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1393034093/
    【科学】STAP細胞開発の理研・小保方晴子さん、報道過熱で研究遂行困難に 本人や親族のプライバシーに関わる取材過熱、真実でない報道も
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1391213577/
    【生物】STAP細胞論文 ネット上で「不自然な画像」との指摘 理研が調査開始
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1392434984/



    【理研、STAP細胞作製の詳細な手順公開 相次ぐ追試失敗、研究者からの求めに応じる】
    続きを読む
     



    1:TOY_Box@みそしるφ ★ 2014/03/04(火) 18:24:35.11 ID:???
    【3月4日 AFP】シベリアの永久凍土層で3万年以上眠っていたウイルスの蘇生に成功したとの研究論文が3日、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。ウイルスは「巨大」だが無害だという。
    論文を発表した仏国立科学研究センター(National Centre for Scientific Research、CNRS)は、長期間潜伏していたウイルスの発見によって、凍土に葬られていた未知の病原体が、地球温暖化の影響で目覚める可能性が示されたとして警鐘を鳴らした。
    「Pithovirus sibericum」と命名されたこのウイルスは、年間平均気温が氷点下13.4度の東シベリア海(East Siberia Sea)に近いチュクチ(Chukotka)自治管区沿岸のツンドラ地帯から採取した、深さ30メートル地点の永久凍土のサンプルから見つかった。
    研究チームはウイルスを解凍し、シャーレで培養を試みたところ、ある特定の単細胞生物にのみ感染したという。
    また、この土壌サンプルに含まれていた放射性炭素から、マンモスやネアンデルタール人
    (Neanderthals)が地球上を歩き回っていた3万年以上前に、この一帯では植物が生育していたこともわかった。
    Pithovirus sibericumは、ウイルスとしては巨大だ。遺伝子を8個しか持っていないインフルエンザウイルスに対し、この新たに見つかったウイルスは遺伝子を500個ほど持っていた。1.5マイクロメートルという大きさから、電子顕微鏡を使わずに光学顕微鏡で見ることもできるという。
    また、インフルエンザウイルスなどとは異なり、人間や動物に対して害がなく、アカントアメーバ(Acanthamoeba)と呼ばれる特定のアメーバにしか感染しないという。
    研究チームは声明を発表し、今回の発見により、長期間凍土内に閉じ込められていたウイルスの蘇生が可能であることが示されたとし、天然痘のような根絶したと考えられているウイルスの復活はもはやSF小説だけの話ではないと警鐘を鳴らしている。
    ▽記事引用元:2014年03月04日 12:56 発信地:パリ/フランス (c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3009728


    Thirty-thousand-year-old distant relative of giant icosahedral DNA viruses with a pandoravirus morphology

    http://www.pnas.org/content/early/2014/02/26/1320670111.abstract




    【シベリアの永久凍土層で3万年以上眠っていたウイルスの蘇生に成功 仏国立科学研究センター】
    続きを読む
     



    1:チリ人φ ★ 2013/10/06(日) 07:25:26.25 ID:???
    Boston Dynamicsは、フレンドリーで知的な人が多い会社のようだ。こういう善良な人たちが、なぜ不気味なロボットの開発に打ち込んでいるように見えるのか不思議にも思える。
    Boston Dynamicsが開発した最新のモンスター「WildCat」は軍用の4足歩行ロボットで、最高時速16マイル
    (約26km)で走行できる。
    Boston Dynamicsは、「YouTube」で公開した動画の説明文で、WildCatについて次のように述べている。
    「WildCatは4足ロボットで、あらゆるタイプの地形を高速走行できるよう開発されている。これまでのところ、
    WildCatはバウンドおよびギャロップ走行で平坦地を時速約16マイルで走行している。この動画では、WildCatのこれまでで最高のパフォーマンスを紹介する。WildCatは、Boston Dynamicsが米国防高等研究計画局
    (DARPA)の『Maximum Mobility and Manipulation』(M3)プログラムから資金を得て開発している」
    Boston Dynamicsはまた、「Legged Squad Support System」(LS3)の新しい動画もアップロードした。LS3は、前方を歩く人について歩行できるラバ型のロボットで、積載量400ポンド(約181kg)、1回の燃料補給で20マイル
    (約32km)の歩行が可能だ。現在はカリフォルニアの起伏の激しい砂漠地帯やボストンの深雪地帯でテストが行われている。
    最後に、2013年7月に披露されたBoston Dynamicsの「ターミネーター」型ロボット「Atlas」の最新の動画も公開されている。この体長6フィート(約183cm)、重量330ポンド(約150kg)の人型ロボットは、道具を扱ったり、険しい地形上を歩いたりできるよう設計されている。


    WildCat

    ラバ型ロボットLegged Squad Support System

    ターミネーター型ロボットAtlas



    【軍用の4足歩行ロボ「WildCat」駈歩などであらゆる地形を高速走行出来る最新のモンスター 動画公開】
    続きを読む
     



    1:ウィンストンρ ★ 2013/09/14(土) 12:44:22.78 ID:???
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日午前、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で、延期されていた新型ロケット「イプシロン」の打ち上げに向けた最終準備を行った。
    発射予定時刻は午後1時45分。打ち上げから約1時間後、搭載している天文観測衛星「スプリントA」を切り離す予定だ。
    観測所では午前10時45分、整備塔の扉が開き、発射台に載ったイプシロンの白い機体がゆっくりと現れた。午前中の天候は曇り時々晴れ。
    イプシロンは2006年に引退した固体燃料ロケット「Mミュー5」の後継機で、打ち上げ費用はM5の半分の約38億円。管制をパソコン2台で行うなどコスト削減を目指した。
    打ち上げは当初、8月22日の予定だったが、配線ミスが見つかり延期に。再起を期した同27日も発射の19秒前に機体の姿勢異常を誤検知し、自動停止した。
    JAXAはシステム設定の見直しなどを行い、9月8日に今回のリハーサルを行った。
    (2013年9月14日12時33分 読売新聞)
    ソース 


    *実況厳禁でお願いします。



    【イプシロン、打ち上げに向け最終準備】
    続きを読む
     



    1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/08/30(金) 11:46:27.65 ID:???
    PRESS RELEASE (技術)
    2013年8月28日株式会社富士通研究所
    世界初!暗号化したまま統計計算や生体認証などを可能にする準同型暗号の高速化技術を開発
    プライバシーが壁となっていた企業間の情報活用を促進
    株式会社富士通研究所(注1)は、データを暗号化したまま統計計算や生体認証などを可能にする準同型暗号(注2)の高速化技術を世界で初めて開発しました。
    近年、クラウドの普及に伴いデータ保護が重要な問題となっており、データを暗号化したまま演算処理が可能な暗号方式として準同型暗号が注目されています。しかし、従来の準同型暗号はビット単位で暗号化を行うため処理時間が長く、実用化する上での課題となっていました。今回、データのビット列の並び方を工夫して一括暗号化することで、統計計算などをする際に必要となるビット列の内積(ビットごとの乗算の和)計算を暗号化したまま一括して行う技術を開発しました。これにより、従来に比べ処理性能を最大で約2000倍高速化することに成功しました。
    本技術により、クラウド上のデータのプライバシーを保護しつつ利活用することが可能になります。例えば、生体認証に適用することで、究極の個人情報である指紋や静脈データといった生体情報を、暗号化したまま安全に照合することが可能となります。また、医療や生化学データといった機密情報のデータ分析など、これまでプライバシーが壁となっていた複数の企業にまたがった情報活用が、クラウドサービスと今回開発した暗号技術との融合により促進されます。
    本技術の詳細は、2013年9月2日(月曜日)からドイツのレーゲンスブルグ大学で開催される国際会議MoCrySEn2013(The Second International Workshop on Modern Cryptography and Security Engineering)、
    2013年9月12日(木曜日)からイギリスのロンドン大学で開催される国際会議DPM2013(The 8th International Workshop on Data Privacy Management)で発表します。
    開発の背景
    近年、クラウドや携帯端末の普及に伴い、個人のニーズに応じた様々な新しい情報サービスが登場しています。その一方で、個人のプライバシーデータの漏えいなども問題視されており、プライバシーデータの保護と利活用の両立が課題となっていました。富士通では、これまでもプライバシーの保護を積極的に推進し、情報を守りながら活かすための技術革新を継続的に進めてきました。
    データの保護には暗号化が有効ですが、従来の暗号化では集計などの様々な演算をする際に、一旦復号しなければ演算処理ができないため、復号した時点で安全性が低下するという問題がありました。そのため、暗号化したまま加算や乗算などの演算処理ができる準同型暗号が、新しいクラウドサービスを提供する技術として期待されています(図1)。。
    株式会社富士通研究所


    図1 クラウドサービスにおけるプライバシー保護とデータ利活用


    ※依頼がありました。
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/34



    【世界初!暗号化したまま統計計算や生体認証などを可能にする準同型暗号の高速化技術を開発〜富士通研究所】
    続きを読む
     



    1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/08/29(木) 21:35:28.40 ID:???
    シルクロード沿いにあるシリアの世界遺産・パルミラ遺跡の地下墓(2世紀初め)で出土した人骨に、古代中国の女性とみられる骨があったことが、奈良県立橿原考古学研究所などの調査でわかった。
    中国の文献に、地下墓ができる少し前に後漢(25〜220年)の使節団がローマに向けてこの一帯を通った記録があり、その一員の可能性がある。
    地下墓は、シリアの要請で奈良県などが調査、これまで160体余りの人骨が出土した。大半は顔の彫りの深い西アジア系のパルミラ人とみられるが、1991〜92年に発掘された1体だけは顔の骨が扁平で口元が少し張り出していた。中橋孝博・九州大名誉教授(自然人類学)が鑑定したところ、石器時代から中国にいた東アジア系の人々の特徴と一致。骨や歯の特徴から30歳代女性とわかった。
    中国の歴史書「後漢書」には、後漢の将軍・班超が「大秦」(ローマ帝国)と国交を開くため紀元後97年、甘英を使節として派遣、使節団は「安息」(パルティア=イラン周辺)を経て「条支」(シリア)に至ったが引き返したと記される。
    菅谷文則・県立橿原考古学研究所長の話「時期や場所からみて甘英の使節団の一員ではないか。想像がかきたてられる発見だ」
    YOMIURI ONLINE




    ※依頼がありました。
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376913483/29



    【中東シリアの世界遺産・パルミラ遺跡の地下墓から出土の人骨、後漢の女性か〜奈良県立橿原考古学研究所など】
    続きを読む
     



    1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/08/29(木) 22:16:01.14 ID:???
    【瀬川茂子】1965年から続く、大学などによる「地震予知のための研究計画」が「地震予知」の看板をおろす。東日本大震災を起こした巨大地震を予測できなかった反省をふまえた。文部科学省の審議会は29日、名称を「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」に改める案をまとめた。
    トピックス「地震予知」
    地震予知研究計画は、文科省などの予算により、全国の大学や行政機関が進めてきた。阪神大震災後の99年、地震の直前予知は難しいとの考えから、基礎研究を重視して「地震予知のための新たな観測研究計画」に衣替えした。しかし、計画の名称に「地震予知」が残り、看板と内容が一致していないとの批判もあった。
    東日本大震災後、文科省の審議会は、地震予知をもとに減災をめざすのではなく、揺れや津波、溶岩などによる「災害」の発生や推移を予測して、防災に役立てる研究を重視することにした。過去の災害の検証、地震発生後の災害予測研究も進める。
    朝日デジタル




    【「予知」の看板おろす〜「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」が「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」に】
    続きを読む
     



    1:ニュース二軍+板記者募集中!@pureφ ★ 2013/05/28(火) 12:38:31.63 ID:???
    世界で最もきれいな貨幣――日本円




    日本へ旅行すると、ガイドの中には「日本円は世界で最もきれいなお金である」と観光客に教える人がいる。日本円は磁石の粉末で印刷されているため、汚れにくく、製作費用も高い。日本円が手のひらに置くと温まってだんだんくるくると丸くなる。これも磁石のためだ。多くの日本人が日本円を胸ポケットに入れているが、それは日本円が体によく、健康に役立つからだ。

    資料によると、日本円が比較的きれいなのは、日本人がお金を1つの方向で財布に入れることと(金運を呼ぶ)、日本円の回収率が高く、2年流通すると回収されるからだ。

    また、米国の科学家が世界の貨幣のコカインについて調査を行った。9割のドル紙幣にコカインが付着しており、中でも首都ワシントンのドル紙幣が最も汚かった。中国と日本のお金はきれいで、1割から2割にしかコカインがみつからなかった。この角度からも、日本円は世界で最もきれいなお金である。

    今日本で流通している紙幣は、1000円、2000円、5000円、10000円の四種類でまた6種類の硬貨がある。
    1円、5円、10円、50円、100円、500円である。

    「中国網日本語版(チャイナネット)」2013年5月26日



    New study: Up to 90 percent of U.S. paper money contains traces of cocaine
    American Chemical Society News Release Index Aug. 16, 2009
    http://portal.acs.org/portal/acs/corg/content?_nfpb=true&_pageLabel=PP_ARTICLEMAIN&node_id=222&content_id=CNBP_022755&use_sec=true&sec_url_var=region1&__uuid=

    関連ニュース【英国】コカイン検査、紙幣はもう古い おむつ交換台の9割で陽性反応[11/12/27]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1324970516/
    【USA】米国内の紙幣、9割にコカイン付着 米大が調査(4)


    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1250652598/



    【世界で最もきれいで体にもよく健康に役立つ貨幣−日本円】
    続きを読む
    オススメ記事リンク

    このページのトップヘ

    (c)まとめ2ちゃんねる