1:旭=501@DQN ★ 2016/02/05(金) 08:24:59.38 ID:CAP_USER*.net
NEWSポストセブン2月4日(木)16時0分
2014年、世界中を揺るがせたSTAP細胞論文騒動。その論文の筆頭研究者だった小保方晴子氏(32才)の手記『あの日』(講談社)が出版された。この手記について複雑な思いを抱くのは、理化学研究所の元副センター長・笹井芳樹氏(享年52)の妻・A子さんだ。
笹井氏は小保方氏の上司であり、STAP細胞に関する研究の指導を行っていた。しかし、2014年8月に自殺。まさに、STAP細胞騒動における最悪の悲劇である。愛する家族を失ったA子さんは、小保方氏の手記について女性セブンの取材に応じた。手記そのものは「読みません」としながらも、今の思いを語った──。
笹井氏は確かに小保方氏のSTAP細胞研究に強い関心をよせた。論文執筆を指導し、
2014年1月に科学誌『ネイチャー』に論文が採用された際は、自分のことのように喜んだ。
(略)
だが、ふたりの関係は徐々に変わっていった。論文採用の2か月後、STAP細胞論文には
「写真の誤用」「コピペ」など、不正が続々と発覚した。
同年4月9日、小保方氏は会見して論文の不備を涙ながらに詫びたが、「STAP細胞はあります」の言葉通り、研究結果の真実性だけは譲らなかった。
「それは主人も同じでした。一緒に仕事もしてきて、自分でも顕微鏡で見ていましたから。当時は大変な時期だったので、彼女も頭が回らなかったのでしょう。あくまでSTAP
現象を表す蛍光発色を確認しただけなのに“200回は出来た”なんて言って、誤解を招きましたよね。でも、主人は言うんです。“発色がある以上、まだ可能性はあるんだ”って。あの頃は小保方さんを信じてあげたいという気持ちが勝っていた」(A子さん)
翌週には笹井氏も会見し、「STAP細胞だと考えないと説明がつかないデータがある」
と小保方氏を擁護した。
しかし会見後まもなく、彼女のずさんな実験ノートや、早稲田大学大学院時代の博士論文でのコピペ、写真盗用が発覚。ネイチャー論文上でSTAP現象が確認されたとするマウスが現実には違うマウスだったことも明らかになり、笹井氏の心は折れた。
「“これはもう無理だ”って。論文を撤回するしかないと言っていました。あれだけの物的証拠を前にして、小保方さん、そしてSTAP現象自体に対する信頼が失われてしまったんです。彼女は科学者としての基礎的な教育を受けてこなかった。それは否定できないことだと思うんです。データの取り扱いとかプロセスの管理とか、“彼女はあまりにも問題がありすぎる”って、主人の失望は深かった」(A子さん)
調査委員会が立ち上がり、笹井氏にも連日の聞き取りが行われた。A子さんの話に基づけば、当時、彼はすでに科学者としての小保方氏を見限っていたことになる。2014年8月
5日、笹井氏は理研の研究棟で自殺した。
《笹井先生がお隠れになった。(中略)金星が消えた。私は業火に焼かれ続ける無機物になった》
小保方氏はあの日の悲劇をこう綴り、数日後、彼からの遺書が届いたことを明かした。当時、遺書にはこう書いてあったと報道された。
「STAP細胞を再現して下さい。それが済んだら新しい人生を歩み直して下さい」
小保方氏は、《内容について一部マスコミの創作があった》と反論した。中身の詳細は手記では触れなかったが、笹井氏が最後に伝えた言葉は、彼女に絶望に抗う力を与えた。
《最後まで、最後の一秒まで、私は逃げずにやりとげる》
心身共に限界を迎えながら、彼女は検証実験に身を投じた。だが、A子さんは、夫が書いた真意が小保方氏には伝わっていないのではないかという。
「主人の遺書にあった“新しい人生を歩んで下さい”という言葉。あれは、“あなたには研究者の資質がないから辞めなさい”という意味なんです。実際、主人は何度も言っていました。“彼女は研究者には向いてない。辞めたほうがいい”って。これが、彼女を間近で見てきた主人が最後に下した結論だったのです」
笹井氏の一周忌も過ぎた2015年11月2日、小保方氏の出身大学である早稲田大学は小保方氏の博士号を取り消した。彼女の研究者人生は、この日、終わった。
※女性セブン2016年2月18日号
BIGLOBEニュース:

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0204/sgk_160204_5082077530.html


【小保方氏手記】故笹井芳樹氏の妻 遺書の真意「小保方氏に伝わっていない
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1454572993/



11:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 08:37:50.05 ID:KNlAX0pm0.net
なんで
死ぬかなー
責任感?
自己嫌悪?
罪の償い?
この立場の人が、死んだらあかんやろ



18:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 08:44:54.09 ID:TVPeNraL0.net
>彼女は科学者としての基礎的な教育を受けてこなかった。それは否定できないこと
>だと思うんです。データの取り扱いとかプロセスの管理とか
これだよ
早稲田と理研はこの責任取れよ
教育体制・チェック体制の話なんだから、小保方1人におっかぶせられるもんじゃねえだろ



21:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 08:45:31.96 ID:5rLuNGAW0.net
だからこの程度の長さしか↓
__(       \
/ / ̄ ̄\    ヽ   この際カアちゃんと別れよう
| 丿     u\_  |    https://youtu.be/dGfMBSXRVNg
| | /二ヽ /二ヽ | |    https://youtu.be/mp8nt3_ioRw
(V-[/゚八 ゚ヾ]-V)
|u ⌒ (_)⌒  |    ↑ボクチンも!
ヽ lーー-ー--/ノ
\\,,‐‐、//
|\`ー/



23:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 08:47:02.00 ID:s9MW5jP60.net
小保方や野々村は病気だから伝わるわけ無い
こいつら自分自身にすら嘘をつくから。



50:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 09:02:34.20 ID:E4Rf5MhJ0.net
世の中には常識で計れない人間がいるからな。関わっちゃダメなんだよ。早い段階で見切りつければよかったのに


60:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 09:30:47.21 ID:zhXGnAnl0.net
しかしまぁ‥
疑われるわ、追っかけられるわ、笹井さんは死ぬわ、で、もう行き場所の無くなったオボだけど、
一年もしたら「本、出しませんか?自分の意見を言う場がないでしょう?時間あるんだから書いてみませんか?生活費も入りますし。」
と、手を差し伸べてくれるところが、またきちーんと現れるもんだねぇー
結構有名人だとまあまあ人生なんとかなるやん
て感じかな?



148:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 12:48:56.48 ID:B1XRXGlz0.net
>>60
家族は職場で肩身狭いだろw



153:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 12:58:13.51 ID:f2nNNi7g0.net
>>148
母親も姉も元気に大学教授続けてる
特に母親は臨床心理学専門なのにすごい神経だと思う



87:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 10:36:05.54 ID:61vuUvww0.net
とりあえず笹井の家族にはまず詫び入れるべきじゃないの?


98:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:24:53.51 ID:1vTzMJ/I0.net
>>1
二段下ぐらいの研究者の山中にIPS細胞というホームラン打たれ逆転され、自分も何かホームランが打てないものかと焦ったところに
怪しい女が現れ騙されたというのが真意だろ。



101:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:27:34.52 ID:HK/wPxiE0.net
>>98
しかもそいつが、早稲田〜ハーバード〜理研で、確実にTWinsの推薦もあったはず。
まさかここまでひどいとは、信じられなかったはず。



102:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:28:30.24 ID:62PFqOGZ0.net
>>101
だから騙された被害者であるってか?
ねーわw



103:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:29:22.48 ID:HK/wPxiE0.net
>>102
詐欺の被害者であることは確実。



108:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:35:54.02 ID:f2nNNi7g0.net
墓場まで持っていきたい都合悪いことがあるんだと思ってしまうよね
自殺するほどのことではないと世間は思ってる



128:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:48:02.08 ID:PHj7W+Q30.net
逮捕者も出さず、不正の全容も明らかにせずに野放しだもんな
そりゃみんな好き勝手なこと言いますって



130:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:52:10.38 ID:jSToz0ox0.net
小保方さんは自分を大きく見せたいタイプに見える
プライドと外面だけはよくて中身はない人



136:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 11:59:17.61 ID:nlguGKz20.net
あいつにははっきり言わないとわからないんだって事に
気が付かなかった笹井さん



149:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 12:52:53.76 ID:uaAHliqI0.net
そういや「200回」ってやつは結局なんだったの?


158:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 13:10:20.25 ID:zx8EBaXbO.net
研究所なのにこんな品のない不倫現場に成り果てていいのか?
ハーレムアニメじゃないんだぞ



164:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 13:23:34.63 ID:ElrpVwFN0.net
もう小保方氏のことを苛めるのもいい加減にしろよ
いつから日本は弱い女性なら寄って集って叩く社会になったんだ?



171:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 13:48:20.52 ID:oFf5Moz60.net
反小保方派はいよいよ笹井氏の遺族にまで手を出して、
情けに訴える悪あがきを始めよった・・



187:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 15:04:23.81 ID:KG65mGq40.net
理研、早稲田大学、NHKや毎日新聞などのマスコミの汚いいじめを世に知らしめた「あの日」は歴史に残る本だろう。
優秀な研究者を潰してしまったことを忘れてはいけない。



206:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 17:24:43.58 ID:DsaqrvXS0.net
笹井が騙されたのは遺憾ではあるが相手が悪かった
仕方ない
だが、様々なことが明らかになった今でも小保方を信じてる人はどういう人なのか
たぶん素晴らしい発明だと言われて投資に誘われたら全財産巻き上げられてしまうような人達なんだろう



208:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 17:34:26.56 ID:/1nVndvs0.net
>A子さんは、小保方氏の手記について女性セブンの取材に応じた。手記そのもの
>は「読みません」としながらも、今の思いを語った──。
へぇー、奥さん手記読まないのに、手記についてのコメント出しているんだー
小保方に好意を寄せていた旦那に、小保方への嫉妬交じりなのかな?



213:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 17:53:17.94 ID:pBSE1ATR0.net
再生医療?
本当に可能なのかね?疑わしい。



231:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 19:11:51.09 ID:PLoVz90i0.net
手記の内容を読まずによく批判できるな


242:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 19:52:40.57 ID:pwWciq7s0.net
「STAP細胞を再現して下さい。それが済んだら新しい人生を歩み直して下さい」
笹井の真意は・・・「再現なぞできない、一生新たな生活人生なぞ迎えることはできない」の意だったたのだろうなw



246:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 20:02:31.47 ID:WV9flfUD0.net
笹井は家庭にも居場所がなくなってたんだと思うけどな
自殺したのも家じゃなく仕事場ってのが何とも言えず哀しい



259:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 20:17:35.27 ID:WwrEwOXY0.net
少なくとも資質がないから辞めなさい、というそんな攻撃的な意味じゃないと思うがなあ
STAPができればいいができないだろうから、その時は気持ちを切り替えなさいってことだろう



263:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 20:22:28.50 ID:RocWEA4w0.net
文句があるならテレビに出て顔出して言えばいいのに
陰からA子とか仮名で批判とか卑怯者だね



270:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 20:40:08.63 ID:87Eq57w40.net
つーか
おまえら、まだやってんの?
ハンバーグ食べて早く寝なさい



284:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 21:24:51.45 ID:bPheNDJUO.net
【若山先生はなぜ「nature」論文撤回同意書を無断で書き換えたのか】
哲学者 山崎行太郎

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/mobile




287:名無しさん@1周年 2016/02/05(金) 21:26:16.52 ID:MqWXOOr10.net
当時、世紀の大発見として鳴り物入りで報道された頃なんだけど
そんなときに高校の同級生がインタビューでいってた言葉がすべてだと思う。
「でも嘘つきだったよね」って。
ふつーそんなこと言わないじゃん。
華々しい功績をあげてスクープされている渦中の人に対してさぁ。