1:〈(`?ω?`)〉Ψ ★ 2016/01/08(金) 17:36:09.15 ID:CAP_USER*.net
ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」が8日、第2次大戦後初めてドイツで再出版された。同国では長らく実質的に禁書扱いとされてきたが、昨年末に著作権が失効したのを機に、学術的な注釈を大幅に加えた形で再出版が認められた。
ヒトラーの生い立ちをつづり、反ユダヤ思想を唱える同書は、ナチズムの原典とも言える書物。ヒトラー死後は住所登録地だったバイエルン州が著作権を管理してきたが、ナチスによる虐殺の犠牲者への配慮や極右勢力による利用の懸念から、国内での再出版を認めてこなかった。ただ、古書や海外版の入手に加え、インターネット上でも原文は閲覧可能になっている。
同州は、ヒトラー死後70年の著作権保護期間が切れる昨年末以降については、学術的な注釈付きの発行に限り認める方針を示していた。出版元は州都ミュンヘンの研究機関、現代史研究所。原書は約780ページだが、多くの注釈を加え、2巻で計約2000ページの再出版となる。同研究所は、原文への注釈による論評を加えることで「歴史や政治の研究・教育に資する」
としている。(2016/01/08-16:26) 【フランクフルト時事】
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2016010800644



3:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:37:43.46 ID:JL/hlBWq0.net
難民問題で大騒ぎの時に
凄いタイミングでヒトラー研究をするんだなあ



4:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:37:43.84 ID:U/dkUaHO0.net
カタワ嫌いなのに、自分は金玉一個のカタワなんでしょ


5:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:38:16.47 ID:oWcJqwy00.net
>>1
発禁本なのかと思ってたら著作権があっただけかよ



6:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:39:16.22 ID:g/zRbv7F0.net
著作権失効同士 アンネの日記と
カップリング販売したら文句でないのではw



7:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:40:16.16 ID:WQc/1pPE0.net
禁書にすればカリスマ性を帯びるから、もっと早く解禁すべきだったな。
今のタイミングだと移民排斥と絡んで盛り上がりそう。メルケルの売国よりヒトラーの愛国のほうがいいもんな。



8:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:40:27.53 ID:hkiNJdgYO.net
日本語訳されてたのがあったんだけど、あれはなんなんだ?


9:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:40:52.59 ID:Wsaom7650.net
ヘルシングの少佐の演説の方がエンターテインメント的におもしろい


11:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:42:04.13 ID:Z6b7PCNA0.net
ドイツ人よ、再出版がちょっとばかり遅過ぎたんじゃないかねw
最悪のタイミングの時にヒトラーの著作に目を通すのもある意味危険では在るぞwww



12:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:42:05.77 ID:fx+aSfq00.net
下朝鮮人やザイコパスの感想を聞きたいわw


13:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:46:58.45 ID:jq66QxMl0.net
Sieg Heil(ジークハイル)
Siegとは、勝利のこと。
Heilとは、万歳!という意味。
この言葉を連呼し、ドイツ民族の心を揺さぶる。



21:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:57:51.85 ID:RqkZbJgy0.net
>>13
日本で例えるなら大勝利!だな



16:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:51:23.60 ID:jq66QxMl0.net
日本国内でよく見られる、選手宣誓のポーズ。
あれは、ナチのドイツ式敬礼から来ているスタイル。



18:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 17:51:38.40 ID:OZdbtTHJ0.net
ユダヤがマスコミを支配している
今のドイツ人は何故、移民肯定ばかりなのかに気づくだろう
民族浄化の逆襲をされていると



24:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:02:54.94 ID:jq66QxMl0.net
甲子園で選手宣誓するときは、客席の皆さんも一緒に
右手を挙げて直立不動のスタイルをやればいいんだよ。
そうすれば、本来の意味に気がつく。



26:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:05:36.79 ID:OFvQr+S+0.net
>>学術的な注釈を大幅に加えた形で再出版が認められた。
「ヒトラーの研究は犯罪」の国なのに、なぜが「学術的注釈」がつく不思議www



28:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:07:50.62 ID:immuwlO/0.net
アンネの日記の公開は利権団体が猛反対してるんだっけ?


29:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:09:09.19 ID:FjrSDvQm0.net
思想とかイデオロギー的なものは別だとちゃんと理解したうえで読めば
ビジネスリーダー論として役に立つんじゃないかなあ?
読んだことないけど



33:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:14:56.13 ID:y8rMwNfF0.net
Mein Kampf の原文は昔からネット上にあったんで誰でも読めただろ。
オーストリー訛りの少し変なドイツ語。



36:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:27:08.27 ID:o+ww4lyn0.net
>>1
> 同州は、ヒトラー死後70年の著作権保護期間が切れる昨年末以降については、
> 学術的な注釈付きの発行に限り認める方針を示していた。
認めないことがあるのかw
そんな権限ないのに
欧州人ってほんと場当たり的で世間の空気読んでばかりだなw
悪い奴には出版の自由もないのか
発禁にするほどのことは書いてないだろ



39:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 18:42:36.23 ID:o+ww4lyn0.net
>>36
>そんな権限ないのに
しまったこれは言いすぎた
ドイツ人のことだから特例法で法的根拠はあるかもしれん



41:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 19:02:08.81 ID:QmuA73KF0.net
ヒトラーにはロマンがあるが、レーニン、スターリン、毛沢東にはロマンのかけらもない


54:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 21:36:56.00 ID:QcKigBAz0.net
>>41
ヒトラーには哲学や思想信条があるが、その他は私利私慾の塊みたいな殺戮者だからな
ヒトラーは神秘主義の信奉者であり、菜食主義者であり、芸術家だった



55:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 21:42:01.33 ID:nsbfW7d70.net
>>54
スターリンは元言語学者だよ
その中では毛沢東が群を抜いて酷い



42:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 19:10:52.44 ID:cQxA3nn50.net
ユダヤという民族は、実は居ない
古来を利用した都市伝説、それがユダヤの正体
ある種の「文字に籠った意思によるエネルギー」それがユダヤの正体とも言える
しかし、よく理解してみるといい
ゴイムを滅ぼすを目的とし、それを遂行する者も滅ぶという循環
これが着実に実行されると言うのであれば、余計に「居ない」と言えてしまうのである
しかし実行する者が現れた時、それは人類の敵として表舞台に立ったという事に成るのである
ユダヤの烙印を持つシナ朝鮮よ、人類の敵として滅ぶもユダヤ信奉者にとっては本望であろうw



45:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 20:52:50.60 ID:Wiq1GggO0.net
>>42
「ユダヤ人」という括りが民族でも人種でもないなんてことは至極当然の話だろ?



44:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 20:49:15.32 ID:Wiq1GggO0.net
このタイミングで再出版されるとは、因果なもんだな
出来ることなら総統のコメントを聞いてみたい



46:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 20:54:39.12 ID:WO3bHIAH0.net
今度は怨嗟の対象になりうるの難民達(ユダヤ人が敵対視するイスラム教徒)
というところに何か因果を感じるな



47:名無しさん@1周年 2016/01/08(金) 20:56:57.75 ID:kr/qki7v0.net
「わが、闘争」と「難民」が時を同じくして到来
これは神がいるとしか思えないタイミングだな