1:夜更かしフクロウ ★ 2014/04/13(日) 21:15:14.04 ID:???


http://toyokeizai.net/articles/-/34915


湖などに生息する“藻”から石油に代わる燃料を――。重機メーカー大手のIHIがバイオベンチャーとタッグを組み、藻類バイオ燃料の商業化を目指している。昨年には、屋外での大量培養試験に成功した。もう一段の品種改良や設備の自動化などでコストを大幅に下げ、2020年に商業化へ漕ぎつけるのが目標だ。
藻類バイオ燃料の技術研究を進めるのは、合同会社のIHI NeoG Algae(アイエイチアイ・ネオジー・アルジ)。
IHIとバイオベンチャーのジーン・アンド・ジーンテクノロジー(G&GT)、ネオ・モルガン研究所の3社が2011年夏に共同で設立した。
このプロジェクトでは、G&GTが開発した「榎本藻」を原料のベースとして、ネオ・モルガン研究所がより商業生産に適した品種へと改良。
IHIは屋外培養などに必要なプラント設備の設計・製作に加え、研究開発の資金スポンサーの役割も担っている。
IHI陣営の武器は“増殖スピード”
石油代替のバイオ燃料としてはトウモロコシ、サトウキビなどの穀物類がすでに商業化されているが、穀物の燃料転用は食料価格の高騰や食料不足の問題を引き起こしかねない。そうした中、非穀物系の次世代バイオ燃料原料として期待されているのが、栽培面積当たりの油生産量が多い藻類だ。
この藻類バイオ燃料で先行するのは米国のバイオベンチャー。中でもカリフォルニアのサファイア・エナジーとソラザイムの2社は、収支的にはまだ費用先行ながら、いずれも量産段階に移りつつある。日本ではIHI NeoGのほか、石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギー、自動車部品のデンソーなども商業化を目指している。
IHI陣営の強みは、原料とする榎本藻の高い生産性にある。神戸大学の榎本平教授が顧問を務めるG&GTが発見・改良した藻で、湖などに生息する「ボツリオコッカス」の一種だ。ボツリオコッカスは二酸化炭素を吸収して油を産出し、細胞周辺に溜め込む。榎本藻は1カ月で通常のボツリオコッカスの1000倍にまで増える“高速増殖型”で、繁殖スピードが早い分、より多くの油を効率よく作り出せる。
ターゲットとする用途は航空機用のジェット燃料。自動車はガソリンに代わる動力・燃料として電気や水素が本命視されるのに対して、航空機用燃料は代替候補が限られるうえ、旅客機の就航数増加で今後も燃料需要の拡大が確実視されるからだ。
写真:藻から取り出した油(左)と、それを精製したもの


写真:培養した藻をすくい上げて解説する、ネオ・モルガン研究所の藤田社長


写真:今年もIHIの事業所で屋外大量栽培試験を行う(写真は昨年の試験の様子)


(続きます)



2:夜更かしフクロウ ★ 2014/04/13(日) 21:15:38.70 ID:???
   ワクチン製造に続く新規事業
IHIは航空機エンジンや発電所用大型ボイラー、各種プラント設備などを主力事業とする総合重機メーカーの大手。
その同社が、まったく畑違いのバイオ燃料に挑戦するのはなぜか。
国内の経済・産業の成熟化により、総合重機メーカーは売上高の成長が止まって久しい。
このため、IHIは2006年に新事業を担う専門の部署を設立。まず第1弾として、バイオ医薬品ベンチャーのUMNファーマと合弁会社を立ち上げ、インフルエンザワクチン原薬の製造事業へ参入した。
それに続く新事業の第2弾が藻類バイオ燃料だ。
同社の成清勉・新事業推進部バイオプロジェクトグループ担当部長によると、
「エネルギー分野の有力候補として、藻類バイオ燃料の将来性には早くから注目していた」という。
経済合理性の観点からいったんは時期尚早と判断したが、その後、G&GTが高速増殖型の榎本藻を開発。
ネオ・モルガン研究所の藤田朋宏社長を通じてIHIに商業化の打診があり、3社共同でプロジェクトを立ち上げた。
まず力を注いだのが、品種改良だった。
育種を得意とするネオ・モルガン研究所が、IHIからの要望に応える形で品種を改良。
たとえば、数多くの藻が塊となって生育するようにしたり、藻から排出されるヌメリ成分を減らすなどの改良を行った。
水中からの回収のしやすさや、培養水のリサイクル費用を考えてのことだ。
こうした室内での品種改良と培養試験を経て、昨年には屋外で大量培養試験を実施した。
5月から11月までの半年間、IHI横浜事業所の敷地内に約100平方メートルのプール型試験プラントを設置し、その中で大量の榎本藻を培養。
「雨や風、雑菌などにさらされた屋外の環境下でも、藻を安定的に増殖させられることが確認できた」(ネオ・モルガン研究所の藤田社長)。
(続きます)



3:夜更かしフクロウ ★ 2014/04/13(日) 21:16:17.04 ID:???
   高いコストの壁
今年も横浜事業所で同様の屋外試験を実施し、改良を加えた品種や設備の成果を確認する。
その検証結果を踏まえて、2015年には数十億円の費用を投じ、まずは国内に数千平方メートル規模のパイロットプラントを建設する予定。
商業化時の栽培場所としては、藻の生育に適した気候条件(日照時間が長く、気温30度程度)や土地代の安さなどから、豪州や東南アジアが候補に挙がっている。
しかし、商業化まで漕ぎつけるには、克服すべき大きな課題がある。
コストの問題だ。IHI NeoGによると、現段階の技術を前提とした場合、大量栽培しても燃料1リットル当たり500円前後の生産コストがかかる、という。
藻の栽培には大量の水を使用するため、その関連処理費用がかさむ。
排水一つをとっても、投与する栄養分に含まれる窒素やリン酸などの除去が必要だ。
いくら藻類バイオ燃料が環境に優しくとも、価格が高ければ普及は進まない。
「商業化するには、もっとコストを下げる必要がある。
目安としては、(現在のジェット燃料に対抗できる)1リットル100円前後の実現が至上命題と考えている」(IHIの成清氏)。
その実現に向け、IHI陣営は藻の品種改良を進める一方で、作業をシンプルにして自動化を促進するためのさまざまなアイデアを検討。
さらに、米国や南米の穀物栽培のように、藻の栽培面積を数千ヘクタール規模にまで大規模化して、スケールメリットで単位面積当たりの生産コストを下げる考えだ。
化石燃料の石油に代わる、夢のクリーン燃料として期待される藻類バイオ燃料。
はたして、3社による商業化の構想は実現できるのか、それとも、夢で終わってしまうのか。
すべてはコストの問題を乗り越えられるかどうかにかかっている。



6:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:23:25.60 ID:tb9eJK5x
夢のある仕事だな。こういう仕事がしたい。
一発当てると、IHIは、世界を代表する石油関連企業に躍進、利益はすさまじい。



7:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:24:24.60 ID:dOHIVotI
オーランチキチキはどうなったw


9:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:30:32.92 ID:TSiVPw9y
ゴキブリを繁殖させて油を絞りとってはどうか


13:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:35:11.41 ID:EZ1OGXxX
これって食料としても高カロリーを提供できるのではないだろうか。


16:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:39:06.07 ID:aYU4tbKH
>商業化時の栽培場所としては、藻の生育に適した気候条件(日照時間が長く、気温30度程度)や土地代の安さなどから、豪州や東南アジアが候補に挙がっている。
誰だよ国産エネルギーとかほざいてたやつ



17:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:41:41.80 ID:/6PjSc0p
>>16
別に問題ないだろ? 適したのはそうだろうけどさ別に問題ないレベルだよ。



19:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:43:08.53 ID:+MDtYBZ1
イヒ ってどこの会社?


24:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:52:23.51 ID:dgkjgn5m
この石油を作り出す遺伝子を、ホンダワラだとかジャイアントケルプだとかの大型の藻類に導入して、
大規模に石油生産とか出来ないのかな。残りカスでバイオエタノールも出来るから一石二鳥。



26:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:54:21.56 ID:KbWBTlUm
台風などで流出してそこらで繁殖して環境破壊を引き起こしたりして。
植物は外に出たら回収不能だからな。



27:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:58:18.23 ID:4qxhIekU
養殖するときに温度管理とか水質管理に手間と電力がかかるんでしょ。
家庭の台所でできるようにしないと。



29:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 21:59:26.39 ID:4NwXQitV
ユーグレナはどうなったの?


31:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 22:07:05.32 ID:5dwzvFq/
公海上に作ることができりゃいいんだけどな
あとは燃料の他に宇宙でのコロニー内バイオプラントに向くんじゃない?



32:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 22:09:23.77 ID:5n9nxYJ0
エネルギーの自給はアメリカが認めない
この話もメタンハイドレートも必ず潰されるだろう
食料の自給ですら認めてもらえない日本
安全保障での独立も絶対に認めないだろう



39:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 22:47:40.07 ID:NAUYQPox
確か年末にアメリカで生産性の大幅改善に成功したと聞いたが
続報がないようだが



41:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 22:59:43.47 ID:9r/BFPhK
ブラジルのさとうきびエタノールは40ドルが採算ラインだから
現在の原油価格の半額以下でできるんだな
わざと効率の悪いやり方をして遠回りしているようにしか見えない



45:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 23:14:46.29 ID:KbWBTlUm
日本人はこの手の錬金術にコロっと騙されやすいけどどうしてなんだろうな?
科学万能主義の妄信?



48:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 23:18:31.78 ID:KbWBTlUm
偉そうにジェット燃料なんて言っても平たく言えば灯油だからな。
つうかジェットエンジンって油なら何でも動くのが売り出し。
30年後に今の燃料を使っているかもわからない。



50:名刺は切らしておりまして 2014/04/13(日) 23:27:23.65 ID:UIjlJcuF
砂漠でやればいいとおもうのだが
水は循環させればいいんでしょ?



53:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 00:02:26.37 ID:b3ywNZ7w
下水処理場と兼ねて作れば肥料要らずで良さそうな気もするがなぁ


54:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 00:04:40.47 ID:MtvQmzOF
収穫したら育つまで待たないとダメんなんだろ?
逆に傍から繁殖する藻なんて逆に恐ろしいけど



55:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 00:06:17.47 ID:DUgy22z/
中国の汚い川の水でやればコスト下がるだろう


60:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 01:12:20.74 ID:eES8ckga
すごいな
現状の5分の1のコストでできればいいわけか
なんとかなりそうなとこまで来てる



61:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 01:21:31.88 ID:408rN5IB
>大量栽培しても燃料1リットル当たり500円前後の生産コストがかかる
はい、解散



62:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 01:25:58.07 ID:408rN5IB
失敗して、公害になりそうだなw
強力な藻がはびこって、駆除できなくなりそう



64:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 01:37:32.91 ID:663ihV3Q
はい、倒産!
路頭に迷へ



66:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 01:52:22.03 ID:5tC3Pwtd
原発なんか早く見切りをつけて違うエネルギーを開発しないと名


75:名刺は切らしておりまして 2014/04/14(月) 08:26:12.22 ID:wUV+jejY
ジェットエンジンもガスタービンエンジンも同じようなものだから
発電設備にもなるだろうけどコストとの兼ね合いだね