1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/03/30(日) 21:34:44.33 ID:???
海外旅行の楽しみのひとつは、その土地でしか食べられない料理と出会うことだ。そう思っているので、日本食のレストランに行くことはほとんどない――日本に戻れば安くておいしい店がいくらでもあるのだから。
ところがヨルダンの首都アンマンで、ひょんなことから和食の店に行くことになった。
■イタリア料理店と間違えて入ったスシバー
前回書いたように、アンマンは車がなければ移動できない街で、昼でも外を歩いているひとはほとんどいない。
[参考記事]
●ヨルダンの首都アンマンは、茫漠の街
夕方、ホテルに戻ってもすることがなく、Trip Advisorを調べたら近くに洒落たイタリアンレストランがあることがわかった。モロッコやチュニジアもそうだが、地中海の南(アフリカ)側や東(中東)側もオリーブとワイン、丸パンとチーズというのが料理の基本で、イタリア料理のレベルは高い。ホテルの中のレストランではつまらないので、その店を覗いてみることにした。
地図によると、店は車道を渡ったホテルの正面にあるらしいが、街は暗く沈んでいてそれらしき気配はない。そればかりか、片側2車線の道路なのに、どこを見ても信号も横断歩道もない。
車はすごいスピードで走っているのでどうやって渡ればいいかわからず、けっきょく5差路になっている交差点まで50メートルほど歩いて、一つひとつの道路をおそるおそる渡った
(交差点にもかかわらず横断歩道すらない)。
そのまま真っ暗な歩道をホテルの方角に歩くと狭い脇道があって、そこを曲がった一角だけが電球で光り輝いている。通りには車がずらりと並び、イタリア国旗が掲げられているのでここに違いないと階段を上がってドアを開けると、いきなりものすごい熱気に圧倒された。
まだ午後7時前だというのに、ウエイターが申し訳なさそうに「テーブルはもういっぱいで、カウンターしか席は用意できない」という。それでもかまわないとこたえ、カウンターに座ったとたんになにかがおかしいと気づいた。カウンターの中には白の調理衣を着たアジア系の男性がいて、なにやら寿司らしきものをつくっているのだ。私が行こうとしたイタリアンの店はじつは建物の1階で、2階はスシバーになっていたのだ。
とはいえ、せっかく席を用意してもらったのにいまさら店を間違えたとはいえず、メニューからワインと前菜を適当に頼んだ。ヨルダンワイン(これは美味しかった)を飲みながら眺めていると、アンマンでも和食は人気らしく、スシカウンターには次々と注文が送られてくる。
私は料理にはまったく詳しくないのだが、それでも目の前で料理人の仕事を見ていて、
「それじゃダメだよ」と思わず声をあげそうになった。
アンマンの和食の特徴はてんかす(てんぷらを揚げたあとの衣のかす)で、どんな料理にもぱらぱらとふりかけている。和風サラダはレタスなどをちぎった上にてんかすを山ほど載せて、甘ったるいサザンアイランドのドレッシングをかけたものだ。これのどこが
Japanese Styleなのかと思ったが、ミソスープにもふりかけているのを見ると、てんかすが彼らにとっての“日本風”なのだろう。
ソース

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140330-00050790-dzai-nb




2:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/03/30(日) 21:35:26.25 ID:???
サシミセットはマグロとサーモン、それになぜかアナゴのニギリで、刺身包丁ではなく
ナイフのようなものを使っているので切り身がぐずぐずになっている。その横にキュウリの
中にガリを詰め込んだものと、なぜかレタスがあしらわれている。
スシセットはマグロやサーモンのほかに、エビの天ぷらを握っていた。そうやって
できあがったスシをカウンターに置くと、料理人はいきなり醤油をかけはじめた。そんな
ことをしたら、シャリがぐしょぐしょになってしまうだろうに。
さらに驚いたのは、ホールとの連携が悪いためか、その状態のまませっかくのサシミや
スシがカウンターに放置されていることだ。なかには5分ちかく放っておかれていたものも
あるが、誰も気にしない。そのあいだにニギリはシャリが崩れて、寿司とは似ても似つか
ないものになってしまった。
■インディカ米で握ったスシ
アンマンの珍しいスシを見て、こんな機会もめったにないだろうからと、なにか頼んで
みることにした。しかしさすがに生ものは怖いので、無難なアボガド巻きにしてみた。
私の注文を聞くと、料理人は自信たっぷりに裏巻きをつくりはじめた。それが写真の
スシで、まわりはトビコ、上に載っているのがお約束のてんかすだ。
いっしょに出された醤油をちょっと舐めてみたが、たまり醤油よりもはるかに甘くて
どろっとした、醤油と砂糖をいっしょに煮詰めたような味がした。巻物は箸でつまんだ
とたんに崩れてしまったが、これは握り方の問題というよりもシャリのせいだ。この店では
、日本米(短粒米)ではなくインディカ米(長粒米)でスシを握っていたのだ。
インドやタイ、中国などで広く食べられているインディカ米は水分が少なくぱさぱさした
食感が特徴で、ピラフやチャーハンにしたり、カレーや中華料理の汁物をぶっかけて食べる
と美味い。ただ日本米のような粘りや食味はなく、冷めると独特の匂いが鼻につくように
なる(だから中国では熱い飯を食べるのが幸せで、もっとも情けないのは冷たい飯しか
食べられないことだ)。和食には不向きな米だが、アンマンではそのインディカ米でスシが
握られていたのだ。
もっともそのときは、シロップのような醤油のせいでシャリの味すらよくわらなかった。
しかしそんなスシでも大人気で、注文は途切れることなく料理人は大忙しだ。
誤解のないようにいっておくと、私はこのことでアンマンの和食を批判したいわけではない。
料理人は寿司店で修行をしたこともなければ、(おそらく)本場の寿司を食べたことすらなく
、アジア系というだけで雇われてスシカウンターを任されているのだろう。なにもかもが
甘ったるいのは彼のせいというよりも、現地の味覚に合わせているだけだ。日本の和食を
評価の基準にするのはかわいそうで、彼は彼なりに頑張っているのだ。



3:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/03/30(日) 21:36:08.68 ID:???
奇妙な巻き寿司を食べ終えて精算すると、ワイン1本を含めて50ヨルダンディナール
(約8000円)だった。日本でもそれなりの価格だと思うのだが、驚いたことに店はずっと
満席で、30代を中心とした男女のグループが“和食”を楽しみながらビールやワインを
盛大にあけている。
和食ブランドは世界を席巻し、アンマンでも流行に敏感なひとたちがスシカウンターの
あるレストランに集まってくる。しかしそこで彼らに供されるのは、和食とは似ても似つか
ない料理だ。彼らがホンモノの日本料理を食べたら心底びっくりするにちがいない。
世界遺産の和食にはまだまだ大きな可能性がある。日本の料理人ももっと世界に出て
和食の素晴らしさを伝えればいいのにと、ホテルに向かって暗い道を歩きながら思った。
<執筆・ 橘 玲(たちばな あきら)>
-以上-



4:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:38:47.31 ID:TzfIMNZv
>てんかす(てんぷらを揚げたあとの衣のかす)で、どんな料理にも
>ぱらぱらとふりかけている。
クルトンみたいな感じか



5:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:41:27.84 ID:w29ZGIZf
ローカライズ和食とトゥルー和食の見分けがつけばいいよ。
和食まがいの店を単に規制するのではなく、
良い店を本物認定した方がより建設的だし、
和食の新しい方向性も見出せると思う。



6:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:42:31.02 ID:3+owS3Vs
ヨルダンの首都はアンマンだけど
アンマンにあんまん売ってない〜?
※アンマンに崎陽軒のあんまんは売っておりません。



9:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:49:20.98 ID:Kl53Dgji
外国人を調理師として雇用するのは法律で禁止されているからねぇ
ミシュラン三ツ星の店ですら日本人をオーナーに仕立てて調理補助の名目で偽装しなければならない
さらに在留資格と区分されてるからさらに複雑化する
和食の調理師は原則ビザが下りないからね



10:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:50:54.99 ID:TzfIMNZv
結局ねぇ、他人にこうするなとか言えないのよ
自分がきっちりしたもの作ってればいい



11:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:55:21.09 ID:d10dlsav
だから和食を世界に広めなくていいんよ
日本人だけ楽しむから



12:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 21:56:55.15 ID:HIQsPioQ
>>1
本題と違うが、ちょっと珍しいくらいヘタっぴな文章だな…w
ダラダラと余計な情報が多いし。
最後の意外な結論はなかなか面白いけど。



15:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:12:05.97 ID:aaQXRzx4
>>12
そうか?俺は余計な情報の部分が面白いと思えるけど。



13:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:02:27.18 ID:sFBCZNeJ
和食の認定制度くらい作れよ
マスコミの異常なバッシングで引っ込めるとか馬鹿か



17:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:15:45.28 ID:cBUvu3u6
スシポリスを闇に葬ったのは、ほかならぬ日本人だ。


18:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:17:44.34 ID:7lJWLgrr
和食ってのが高級ブランドとして一人歩きしてる感じだな
日本の物はイメージ上高級で高品質。
ただ現地に合わせて本物と似つかない寿司なんかは正されていかねばならないだろうね
本物の寿司はそれこそどの国の料理にも似ていないものでその味わいは別格だからだ



21:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:27:16.21 ID:gHbD90na
日本でもフランスとイタリア以外の外国料理は無茶苦茶なんだだからおあいこ様よ


22:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:31:33.81 ID:NheHodPG
とはいえ、本物の日本食は味覚の違いで売れないという悲しさもあるんだよな。
しかし、そのクオリティでそんだけ高けりゃ、商売する価値はあるかもな。



23:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:44:02.94 ID:JDhYOt7F
伊集院も海外行くと 必ずその土地々々のダメ寿司屋でヤラれて来るのが楽しみって言ってたなw
ちゃんと勉強した普通の寿司屋だったりすると 安心するけどガッカリするとw



25:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 22:49:56.64 ID:M5VpUkHX
タイで泊まったホテルのレストランにsushi、tempura、sashimiがあった
恐ろしくてtempuraしか頼めなかったが、フリッター風のエビとかなり甘めのトロッとした天つゆが出てきた



28:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:02:23.01 ID:gML3TfAj
てんかすやてんぷらの衣が食えない俺には地獄の料理だ


30:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:13:36.00 ID:lcVIGAgA
まあ、日本の中華料理屋が全く中華料理じゃないんだから別にかまわんだろ


32:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:19:22.37 ID:GeGqYhUc
米国暮らしの娘が、市内・近郊にある日本料理店の大半のオーナーが中国、韓国人て
言うてたは。
当然姿形も味も別物とか。



33:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:22:18.76 ID:KOI1z4hp
本物の日本料理出す店だけ日本政府が認証すればいい
あとは自由にやってくれ



34:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:23:07.14 ID:56PXszaz
韓国人だけには、和食を語って欲しくないし作っても食べても欲しくない。


36:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:28:30.33 ID:QGNFoZsv
海外の日本食レストランが本気で再現度を上げたら日本に食材が回らなくなるな
まあ成り済ましアジア人の就労口に利用されてなんちゃって日本文化が広められるのも困ったもんだが
ちゃんとしている所の為に日本政府によるお墨付きは必要だよな



37:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:28:54.55 ID:rU/ziLVt
海外航空会社の機内食なんかもなんちゃって和食が出てくるな


38:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:31:13.10 ID:46lwwGnK
2chで橘玲のスレが立つとは驚いた。
内容読んだら、この人の本業と関係ない話で笑った。



39:名刺は切らしておりまして 2014/03/30(日) 23:41:15.25 ID:IHTHmDBF
ショーユが甘いのは世界共通(除く日本)じゃあるまいか。
日本の辛さは異常だよ、だから脳溢血が日本に多いのかもな。



43:名刺は切らしておりまして 2014/03/31(月) 00:01:31.42 ID:5e5boYBQ
それにしても日本にある本格中華料理屋、ちょっと期待して食べてみても
何にも味しないな。ほんと中身は日本料理そのもの。
一体どこに行けば日本で中華が食えるのか。



49:名刺は切らしておりまして 2014/03/31(月) 00:47:56.15 ID:i0wkwINI
必死に受験勉強して国内の一流大学行くよりも、
中学か高校を卒業したら和食の専門学校と英会話学校へ行き、
その後に国内で5年修行し、
次は海外で2年程度、オススメは日本人経営の海外の寿司店で働きながら英語をマスターすれば、
30歳になった頃には世界中のどこでも通用する国際ビジネスマンになれるよ。
ちなみに米英やオーストラリアで、本物の日本人寿司職人は年収1200万〜1500万円くらい。
現地に無数いる、中韓のエセ和食職人とはレベルがケタ違いなので、
高級店から引っ張りダコだよ。



55:名刺は切らしておりまして 2014/03/31(月) 07:56:27.47 ID:PVm8FFDF
創意工夫に文句いうな
ラーメンやカレーをあんな風に変えて
違うもんにした日本人が言える筋合いない